ネイルアート@情報館 | 方法・やり方・デザイン


ネイルアートのやり方

ネイルアートをするためには、まずは爪の長さや形、状態を整えることから始めます。実用的な長さからアートが映えるための長さまで、長さにも様々な種類があります。さらに、アートの内容によって、爪の形を丸みを帯びたものやスクエアと言われる角張った形などに整え、アートが映えるように整えることもあります。

また、自爪ではなく、ネイルチップと言われるチップにアートを施し、それを貼り付ける、という方法もあります。これはプロなどに依頼するとき、あらかじめアートを施しておいてもらって貼ることができるので、時間がなく、短時間でネイルアートを施術してもらいたい、というときにも便利な方法です。また、自爪が弱く、伸ばすことができない人でもきれいなアートを楽しむことができる、ということでも人気があります。

自爪の場合には、まずはベースコートと言われる下地を塗ります。これを塗ることで発色をよくし、色があせずに長持ちするようになります。さらに、基本になるカラーはこの上に2度塗りしていきましょう。1度ではきれいに発色が出ない場合がありますので、2度塗りすることが基本です。これをまずは基本とし、ここからアートを施していきます。マーブルなどにする場合には、2度目のカラーが乾かないうちにマーブルにする色を落とし、きれいに混ぜていくこともあります。ストーンやチップを貼るときには、しっかりとカラーが乾いてからつけると表面に傷がつくことがありません。

ネイルアートを仕上げる場合には、様々な造作を施した上でトップコートをしっかりと塗ってあげましょう。これを塗ることで発色もよくなりますし、色のもちもよくなります。さらに、ストーンなども取れにくくなりますので、最後のトップコートまでしっかりと丁寧に塗るようにしましょう。

[PR]30代で「王道」の転職エージェントは!?

当サイト人気コンテンツ

ネイルアートの方法
一般的には、カラーを一色塗った上で、なんらかの造作を施すのがネイルアートだと定義されています。色を塗った上で、たとえばラインストーンを貼り付けるのもネイルアートです。ラインストーンは・・・ 続きを読む

ネイルアートのデザイン
ネイルアートでは、様々なデザインがあります。ベーシックなものをいくつか抑えておくと、それを応用してさらに複雑できれいなネイルアートに仕上げることもできます。ですから、ネイルアートを行う・・・ 続きを読む

ネイルアートを簡単に楽しむ
ネイルアートを簡単に楽しむためには、貼り付けるグッズを色々とそろえておくといいでしょう。もちろん直接アートを施して塗り分けたり絵を描いたりすることも楽しいのですが簡単なアートをするなら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ スカルプチュアとは
★ ジェルネイルとは
★ カルジェルとは
★ バイオジェルとは
★ ネイルチップをつける