ネイルアート@情報館 | 方法・やり方・デザイン


ネイルチップをつける

ネイルアートをするときに、こうしたジェルネイルではなく、手軽に ネイルチップで楽しみたい、という人もいるでしょう。ネイルチップを 使う際はどのような点に注意したらいいのでしょうか。ネイルチップは つける前にまずネイルアートを施します。ある程度自分の爪の大きさに 合っているサイズのものを選び、そこにアートを施すのですが、つける ときにはサイズをしっかりとあわせなくてはなりません。

ですから、カーブが合わないものなどは、はさみややすりを使って自分の 爪のサイズに合わせるようにしておきましょう。そして自分の爪に装着 させていきます。装着させる時には両面テープを使います。ネイルチップ 専用の両面テープがあり、カーブに合わせて選び、カーブに沿うように テープを貼っていきます。手ではなかなか細かい作業ができませんので、 ピンセットなどを使うようにしましょう。爪に貼るときには、根元の用 から貼っていくようにしましょう。

付け根とサイドの端をきちんと合わせるように注意が必要です。カーブ などをしっかりと合わせられたら、最後は密着させることです。接着を しっかりとさせるためには、数十秒から1分程度はしっかりと圧着させる ようにしましょう。ネイルチップをつけるときには、手に必要以上の脂分 があるとなかなか接着がうまくいきません。ネイルチップをつける前に、 しっかりと手を洗っておきましょう。こうした基礎を抑えておけば、 手軽にチップでネイルアートを楽しむことができます。

当サイト人気コンテンツ

ネイルアートの方法
一般的には、カラーを一色塗った上で、なんらかの造作を施すのがネイルアートだと定義されています。色を塗った上で、たとえばラインストーンを貼り付けるのもネイルアートです。ラインストーンは・・・ 続きを読む

ネイルアートのデザイン
ネイルアートでは、様々なデザインがあります。ベーシックなものをいくつか抑えておくと、それを応用してさらに複雑できれいなネイルアートに仕上げることもできます。ですから、ネイルアートを行う・・・ 続きを読む

ネイルアートを簡単に楽しむ
ネイルアートを簡単に楽しむためには、貼り付けるグッズを色々とそろえておくといいでしょう。もちろん直接アートを施して塗り分けたり絵を描いたりすることも楽しいのですが簡単なアートをするなら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ スカルプチュアとは
★ ジェルネイルとは
★ カルジェルとは
★ バイオジェルとは
★ ネイルチップをつける