ネイルアート@情報館 | 方法・やり方・デザイン


ネイルアートのために

ネイルアートを施すために、さまざまな施術がある、ということが わかったのですが、それらのネイルアートのためにも基本的に抑えて おかなくてはならないことがあります。まずはこうしたネイルアート の基本についておさらいしておきましょう。

ネイルアートを美しく見せるためには、まずは爪の手入れをして おかなくてはなりません。自分の爪に直接ネイルアートを施すなら、 爪をきれいにしておかなくてはならないのです。こういう場合、 メモリーボードやペーパーなどのやすりを使って、まずは爪の形を 整えましょう。爪の形の整え方にはカットの形にも色々な種類が あります。ラウンドやスクエアなどといったように、爪の見え方が 全然違うカットの方法がいくつもありますので、どのように整え、 どのように見せるか、ということを選択しながら整えていきましょう。

そして、爪の形が整ったら次は爪の表面もなめらかにしていきます。 また、爪と皮膚の間の甘皮についても、やわらかくしてカットする などして整えておきましょう。次は、爪にマニキュアを塗るための 準備をします。これには爪の表面にベースコートを塗りましょう。

これにより、マニキュアから爪を保護してくれます。直接マニキュア を塗るのではなく、ベースコートは必ず塗っておきましょう。そして、 完全に乾かしてから、いよいよマニキュアを塗っていいきましょう。 マニキュアを塗る前に、ここまでの手順をしっかり踏んでおかないと、 美しいネイルアートが完成しませんのできちんと準備するように しましょう。

[リンク]放射線科の看護師になりたい方へ